近づく病魔は早めに退治【健康食品で糖尿病の予防をしよう】

二種類のサプリメント

正しい知識を身に付ける

観葉植物

状態の説明

糖尿病とは血液内に含まれる糖の値が正常範囲内を越えている状態のことを言います。健康な人の場合は、インスリンにより血液内の糖は栄養として使われ正常値を上回らず、ほぼ一定に保たれています。しかし、糖尿病になるとインスリンが必要量、分泌されず栄養として糖が使用されず、徐々に血液内の糖の量が増加してしまいます。糖尿病の種類にもいくつかあります。1型糖尿病は生まれつきインスリンを出す細胞がなく、糖のコントロールができない場合です。これは生まれつきなので、この病気と上手につきあっていくことが重要となります。次に2型糖尿病があり、これは過食等により常にインスリンを分泌する膵臓に負荷をかけ続けることにより、臓器が弱まることにより発病します。

予防するための注意点

現代では豊富に食料があり、常に食事ができる状態です。その為、過食になりやすい状態にあります。また社会情勢による影響もありますが、規則正しい生活が送りにくく、過度のストレスがかかりやすい環境になっています。これらにより現在では膵臓に負荷をかけてしまい、第2糖尿病になってしまう方が増加しています。糖尿病の予防として注意することは、バランスの良い食事を適量とることです。膵臓に負担をかけることにより、発病しますので、負荷を軽減することが必要となります。また運動することも血糖値を押さえる良い方法となります。食後は血糖値が上がりますので、食後に軽めの運動をすることにより、血糖値の上昇を抑制できます。また糖尿病による、合併症の可能性も引き下げることにもつながります。