近づく病魔は早めに退治【健康食品で糖尿病の予防をしよう】

二種類のサプリメント

血糖値を上げないためには

レディー

血糖値が上がりやすい時代

糖尿病とは血液中のグルコースの量が増えている状態のことを言います。血液中のグルコースの濃度のことを血糖値と言います。血糖値は食事をすることで上昇します。血糖値を上昇させるのは炭水化物などに含まれる糖質になります。正常な状態であれば、血糖値の上昇は食事中や食後の一時だけで、その後は徐々にもとの値に戻っていきます。また、運動などをすることでエネルギーを消費すると血糖値は低くなります。ただし、これらの血糖値の増減は、一定の範囲内で起こる変動で、急激に変化することはありません。しかし、糖尿病の場合には血糖値の調節がうまく行われないため、身体に様々な障害をもたらすことになるのです。日本の糖尿病患者数は年々増加傾向にあります。最も大きな原因は食生活の乱れです。炭水化物中心の食事、甘いお菓子やジュースを日常的に摂取していることなどがあげられます。また、外国の食文化がどんどん日本にも浸透してきているため、これからも糖尿病を患う人は増加するだろうと考えられています。

炭水化物の選び方

糖尿病の予防や改善には、食事の見直しが必要となります。最も重要なのは糖質の制限です。現代の食事は糖質が多く含まれている炭水化物中心の食事が非常に多くなっています。特に外食ではそれが顕著です。血糖値が気になる場合には、炭水化物の量を減らすことをおすすめします。また、パンや麺よりはご飯を食べるほうが良いでしょう。パンには塩、砂糖、油脂類、添加物が使われています。麺はよく噛まずに飲み込んでしまいやすいです。ご飯であれば腹持ちも良いですし、非常に安心で安全です。この際、白米ではなく玄米や胚芽米などを食べるのがおすすめです。不足しがちな栄養素を補うことができます。スーパーなどで売っている普通の玄米は、炊き方が難しかったり、食べにくいことが多くありますが、健康食品として販売されている玄米や胚芽米は非常に食べやすい状態になっています。栄養価も高いので大変おすすめです。